トピックスに表示の一覧

『気力回復』

〈彼岸明け〉 事務局のたまきです。 本日で春の彼岸は明けます。 秋の彼岸は9/20から 春の彼岸を「彼岸」「春彼岸」と呼ぶのに対し、 秋の彼岸を「のちの彼岸」「秋彼岸」と呼び分けることもあります。 そして 春分の日=『自… 続きを読む

『ずっと遠くにあるもの』

〈楠公まつり〉 事務局のたまきです。 大阪の四條畷神社では (主祭神「楠木正行」) 楠公まつりが開催されます。 子供の武者行列や稚児行列があり 子供たちがこれまでの成長に感謝をささげ これからの福を願う、 歴史あるおまつ… 続きを読む

『二通り』

〈白無垢〉 事務局のたまきです。 白無垢と赤い打掛けってどんな意味があるのか ご存知ですか? 白=真っ白のまま嫁ぐ 赤=エネルギーが強く厄除けになり   魔も退散する 綿帽子の下には「角隠し」があります。 角があるという… 続きを読む

『まだまだいける』

〈人力車発祥の日〉 事務局のたまきです。 3月24日は、 人力車発祥の日。 制定したのは、人力車を製造したり、 観光地での人力車の営業を行っている「くるま屋」です。 日本で最初に人力車の営業が始まったのは、 明治3年3月… 続きを読む

『信用する』

〈世界気象デー〉 事務局のたまきです。 世界気象デーは国際機関である世界気象機関 (World MeteorogicalOrganization;WMO)によって 定められた記念日で、毎年3月23日に特定のテーマを設け、… 続きを読む

『ずっと幸せ』

〈社日〉 事務局のたまきです。 今日は社日です。 社日は、八十八夜や半夏生と同じ、 雑節の1つです。 社日の「社」は、その土地の守護神である祀る 「産土神(うぶすながみ)」を意味し 社日は、その産土神を祀る日で、 年に2… 続きを読む

『自分の機嫌』

〈桜〉 事務局のたまきです。 そろそろ桜の季節になってきましたね。 日本人が愛してやまない桜 古事記には「木花咲耶姫」という 美しい桜の女神様が登場するくらい 日本人と桜は切っても切れないものようですね。 桜の可憐さや美… 続きを読む

『行動と考動 』

〈春分〉 事務局のたまきです。 今日から春分です。 春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」という趣旨の 元、昭和23年に国民の祝日として制定されました。 二十四節気とは春夏秋冬という4つの季節を更に24に細分化 そ… 続きを読む

『ステップアップ♪ 』

〈春はぼたもち、秋はおはぎ〉 事務局のたまきです。 不思議な事を知りました。 彼岸用のお菓子として「ぼたもち」を 紹介させていただきましたが、 「おはぎ」も似ていますよね。 実は 春は「牡丹餅」、秋は「お萩」といって ぼ… 続きを読む

『今を良くする』

〈ぼたもち〉 事務局のたまきです。 彼岸入りについて 昨日かかせていただきました。 春の彼岸のお供えのお菓子は、 春は「ぼたもち」が一般的です。 ボタンの花が咲く季節であり、 牡丹の花の型取っているといわれているからだそ… 続きを読む