経営の“愛”言葉の一覧

『微差が大差』

〈昭和の日〉 事務局のたまきです。 1989(昭和64)年1月7日の昭和天皇崩御の後、 それまでの天皇誕生日で… 続きを読む

『吾唯足知』

〈壬生狂言〉 事務局のたまきです。 壬生狂言とは4月29日~5月5日、壬生寺で行われる行事です。 正式名称は壬… 続きを読む

『おかげさま』

〈神仏習合〉 事務局のたまきです。 神仏習合とは日本古来の神道と外来の仏教が融合したものです。 神仏習合の考え… 続きを読む

『「今」でしょ』

〈春の祈念祭(高祖神楽)〉 事務局のたまきです。 糸井市では高祖神社境内の神楽殿で奉納されます。 神楽とは、「… 続きを読む

『「すべき」か「する」か』

〈鎮花祭〉 事務局のたまきです。 白山比咩神社では鎮花祭が行われます。 「はなしずめのまつり」ともいわれます。… 続きを読む

『無限の個性』

〈日本の事:歌舞伎〉 事務局のたまきです。 歌舞伎は能楽や狂言、文楽(人形浄瑠璃)と並ぶ 「三大国劇」の1つと… 続きを読む

『「心眼」』

〈日本の事:武道〉 事務局のたまきです。 武道とは伝統的な日本武術(古武術)から発展したもので、 人を殺傷・制… 続きを読む

『「肯定」』

〈日本の事:華道〉 事務局のたまきです。 華道とは四季折々の樹枝や草花などを切って花器に挿し、 その姿の美しさ… 続きを読む

『「今日を」』

〈日本の事:茶道〉 事務局のたまきです。 「茶道」とは 伝統的な様式に則って客人に茶を振舞う行為で、 別名「茶… 続きを読む

『「宇宙視点」』

〈穀雨〉 事務局のたまきです。 4月20日~立夏までの期間。 を穀雨と言います。 春季の最後の節気。 春雨が百… 続きを読む